人と町と自然をむすぶ ~ 地域特化型のリゾート不動産関連情報サイト「北洋エアーリゾート」

北海道の地域特性とリゾート物件サンプル集

1.北海道の地域区分について

1-1. 生活圏区分により道央、道南、道東、道北に分かれる

図1:北海道生活圏別エリア区分マップ

図1:北海道生活圏別エリア区分マップ [出典:北海道庁・移住情報ポータルサイトより]

北海道 (面積:83,424平方キロメートル、四国・九州・沖縄の合計63,257平方キロメートルより広い) は、日本全土の約22%を閉める広大な大地。自然環境でみれば、海、山、谷(盆地)、川、湖、高原(丘陵地)・平原、湿地などなど、いわば自然の要素をすべて備えています。

国立公園、国定公園、道立公園など、自然公園も豊富であり、観光地にも事欠きません。その豊かな自然風土によって形成された大地はまた、恵まれた自然環境のなかで暮らせる “リゾート好適地の宝庫” にもなっています。

その広大な北海道は、生活圏というエリア区分によって、道央、道南、道東、道北に大きく分けられます(道東はさらに、オホーツク圏、十勝圏、釧路・根室圏に区分されます=冒頭の「北海道・生活圏別エリア区分マップ」を参照)。

“リゾート地” という点では、そうした生活圏エリアごとに、独自のリゾート環境を有しています。居住(定住)、移住、避暑・避寒などによる季節居住、都心と郊外の二地域居住といったさまざまなライフスタイルに応じたリゾート物件が各生活圏、各市町村で数多く提供されています。

これから北海道でリゾート物件の購入などを検討なさる方々にとっては、ご自分に最適なリゾート物件に巡り会えるチャンスが大きく広がっているとも言えるでしょう。

図2:北海道全179市町村区域図(北海道庁作成版より)

図2:北海道全179市町村区域図(北海道庁作成版より)

※図注)上記の北海道生活エリア圏別区分マップの「全市町村区域図」を鮮明な画像のPDFファイルでもダウンロードしてご覧いただけます。
(1) 下記のPDFファイルアイコンをクリック。(2) Webブラウザの新しいタブページが開かれ、ウィンドウにPDFファイル (北海道全市町村区域図:北海道庁作成版) が表示されます。(3) PDFファイル表示ウィンドウ内の右上にあるダウンロードアイコン (↓) をクリックして、ご自身のPC上の任意フォルダ (デスクトップなど) に保存してください。

北海道全市町村区域図 (PDFファイル) ⇒  北海道全市町村区域図PDF

1-2. 自然豊かで “居住環境の良いリゾート物件の宝庫”

図3:北海道の「自然公園・自然環境保全地域」

図3:北海道の「自然公園・自然環境保全地域」[出典:北海道庁環境生活部掲載分より]

上の図3は、北海道における重要な自然公園の立地マップです。

北海道庁 (環境生活部主管) がホームページに公開しており、“生物多様性を保全する目的” から、「自然公園・自然環境保全地域」として位置づけられたエリアを示しています。

北海道の自然公園一覧
国立公園(緑の○印)/6個所 国定公園(オレンジの○印)/5個所 道立自然公園(無印)/12個所
阿寒国立公園
大雪山国立公園
支笏洞爺国立公園
知床国立公園
利尻礼文サロベツ国立公園
釧路湿原国立公園
網走国定公園
大沼国定公園
ニセコ積丹小樽海岸国定公園
日高山脈襟裳国定公園
暑寒別天売焼尻国定公園
厚岸道立自然公園
富良野芦別道立自然公園
檜山道立自然公園
恵山道立自然公園
野付風蓮道立自然公園
松前矢越道立自然公園
北オホーツク道立自然公園
道立自然公園野幌森林公園
狩場茂津多道立自然公園
朱鞠内道立自然公園
天塩岳道立自然公園
斜里岳道立自然公園

これらの自然公園には、国立公園 (6個所)、国定公園 (5個所)、道立自然公園 (12個所) の3種類 (計23個所) があります。いずれ劣らぬ自然環境と景観を有しており、『各自然公園=観光・リゾート地』としても人気の高いエリアが形成されています。

北海道でリゾート物件を探す場合は、こうした自然公園エリアの周辺部に居住環境の良い物件が見つかるケースが少なくありません。

たとえば、以下のような居住環境ニーズを基準に物件を探されると、ご自分の希望に適う物件と巡り会える可能性も高くなるでしょう。その点で北海道は、“居住環境の良いリゾート物件の宝庫” とも言えます。

●リゾート物件を探す際の希望要件の事例;
◇海が見える/◇山が見える/◇湖・池が見える/◇川の近くにある/◇眺望が良い/◇温泉がある/◇週末利用に最適/◇夏の避暑に/◇ログハウスを希望/◇テニスを楽しみたい/◇スキーを堪能したい/◇ゴルフを満喫したい/◇管理体制が有る/◇リフォーム済みを希望/◇ペットの室内飼育が可能であること、…etc。

1-3. 生活圏別区分による北海道のリゾート好適エリア

  • imgage1:屈斜路湖

    屈斜路湖の静謐

  • image2:大雪山

    大雪山の偉容

  • 摩周湖の透明感

    摩周湖の透明感

  • ニセコの景観

    ニセコの雄大な高原

本ページの冒頭に掲げた「図1:生活圏別エリア区分マップ」に沿って、北海道のリゾート好適地を以下に掲げておきましょう。北海道の観光・リゾート地として検索すると、必ずといってよいほど名前を見かける市町村・エリアです。

■北海道の「生活圏別有名リゾートエリア」
◎道央エリアのリゾート地
札幌・定山渓、小樽・積丹、ニセコ・羊蹄、富良野・美瑛、千歳・支笏
◎道南エリアのリゾート地
函館・大沼、松前・江差、洞爺・登別
◎道東エリアのリゾート地
旭川・大雪、帯広・十勝、日高・襟裳、知床、釧路・根室、阿寒・摩周湖、網走・北見
◎道北エリアのリゾート地
稚内・利尻 礼文、留萌・天売(てうり=苫前郡羽幌町) 焼尻(やぎし=苫前郡羽幌町)

これらのリゾート地は、上掲の「図3:北海道の自然公園・自然環境保全地域マップ」で示されたエリア (国立・国定・道立の各自然公園) と重なっており、文字通り自然の素晴らしい景観に恵まれた地域です。

北海道でリゾート地に物件の所有を検討したいとお考えの方にも注目されるエリアにもなっています。事実、そうした居住環境・自然環境に恵まれた格好の物件事例が数多く見られる点でも、おススメのエリアです。

そうした背景もあり、各観光・リゾート地のエリア内や周辺部に立地する市町村では、移住・定住を推奨できる住宅の提供に力を入れるところも増えています。むろん、不動産物件を取り扱う事業者にも事欠きません。

北海道庁でも、移住情報のポータルサイト『北海道移住まるごと情報サイト』(SHIFT LIFE 北海道)(http://www.hokkaido-iju.jp/) を公開しており、そのサイトの中で北海道での暮らしの魅力を紹介する点に力を入れています(運営/北海道ふるさと移住定住推進センター:北海道 総合政策部・地域創生局・地域政策課内)。

住みたい街、しごと情報、住まい情報、くらし情報といった生活・経済関連の情報を提供しており、リゾート物件をお探しの方にとっても検討の際に参考となる情報がいろいろと紹介されています。

本サイト (北洋エアーリゾート) を運営する北洋エアータウンズ株式会社でも、移住支援の総合サイト (http://e-iju.com) と、その北海道版 (http://hokkaido.e-iju.com) を開設・公開していますので、そちらもぜひご覧ください。

  • 留寿都の緑一色

    留寿都の緑一色

  • 駒ケ岳の勇壮

    駒ケ岳の勇壮

  • 帯広・十勝平原の牧歌的景観

    帯広・十勝平原の牧歌的抒情

  • ニセコの開放的のどかさ

    ニセコの開放感

2.種類別物件サンプル集

これまで見てきたように、北海道には文字通り “風光明媚” な観光・リゾート地が至る所に数多く存在しています。

そしてレジャー観光客に注目されるだけでなく、 “観光地=リゾート地” として、その地に居を構えたいと検討する方々にとっても有力で魅力的なリゾート施設・物件の扱い件数が増えています。

本ページでは、リゾート物件の種類(一戸建て・リゾートマンション・土地) ごとに北海道のリゾート物件事例を紹介いたします。これから北海道でリゾート物件を入手したいとご検討なさる皆さんには、実際の物件サンプル集としてご検討の際にご参考にしていただけるでしょう。

2-1. 一戸建て (別荘、セカンドハウス、ログハウスなど) の事例

洞爺湖エリア戸建て(別荘)事例

洞爺湖エリア戸建て(別荘)事例

ニセコエリア戸建て(別荘)事例

ニセコエリア戸建て(別荘)事例

ニセコエリア戸建て(別荘)事例2

ニセコエリア戸建て(別荘)事例2

札幌市郊外戸建て(セカンドハウス)事例

札幌市郊外戸建て(セカンドハウス)事例

新冠町戸建て(別荘)事例

新冠町戸建て(別荘)事例

ニセコ町戸建て(別荘)事例3

ニセコ町戸建て(別荘)事例3

ニセコエリア戸建て(別荘)事例4

ニセコエリア戸建て(別荘)事例4

ニセコエリア戸建て(別荘)事例5

ニセコエリア戸建て(別荘)事例5

標茶町戸建て(別荘)事例

標茶町戸建て(別荘)事例

鹿部エリア戸建て(別荘)事例

鹿部エリア戸建て(別荘)事例

登別エリア戸建て(別荘)事例

登別エリア戸建て(別荘)事例

伊達市エリア戸建て(別荘)事例

伊達市エリア戸建て(別荘)事例

伊達市エリア戸建て(別荘)事例2

伊達市エリア戸建て(別荘)事例2

鹿部エリア戸建て(別荘)事例2

鹿部エリア戸建て(別荘)事例2

2-2. リゾートマンション (新旧物件) の事例

洞爺湖エリアのリゾートマンション事例

洞爺湖エリアのリゾートマンション事例

小樽市近郊のリゾートマンション事例

小樽市近郊のリゾートマンション事例

札幌市郊外のリゾートマンション事例

札幌市郊外のリゾートマンション事例

函館市エリアのリゾートマンション事例

“函館市エリアのリゾートマンション事例

ニセコエリアのリゾートマンション事例

ニセコエリアのリゾートマンション事例

札幌市近郊のリゾートマンション事例2

札幌市近郊のリゾートマンション事例2

函館市エリアのリゾートマンション事例2

函館市エリアのリゾートマンション事例2

8札幌

8札幌

2-3. 土地 (更地・未整備物件とも:山林含む) の事例

池田町のリゾート用売り土地事例

池田町のリゾート用売り土地事例

池田町のリゾート用売り土地事例2

池田町のリゾート用売り土地事例2

十勝・浦幌町のリゾート用売り土地事例

十勝・浦幌町のリゾート用売り土地事例

石狩市のリゾート用売り土地事例

石狩市のリゾート用売り土地事例

石狩市のリゾート用売り土地事例2

石狩市のリゾート用売り土地事例2

虻田郡留寿都村のリゾート用売り土地事例

虻田郡留寿都村のリゾート用売り土地事例

磯谷郡蘭越町のリゾート用売り土地事例

磯谷郡蘭越町のリゾート用売り土地事例

磯谷郡蘭越町のリゾート用売り土地事例2

磯谷郡蘭越町のリゾート用売り土地事例2

北広島市のリゾート用売り土地事例

北広島市のリゾート用売り土地事例

石狩市のリゾート用売り土地事例

石狩市のリゾート用売り土地事例

札幌市近郊のリゾート用売り土地事例

札幌市近郊のリゾート用売り土地事例

虻田郡ニセコ町のリゾート用売り土地事例

虻田郡ニセコ町のリゾート用売り土地事例

3.付設資料: 北海道の地域特性とリゾート要素

3-1. 新たに総合振興局・振興局制による自然保護と
環境開発行政に重点が置かれています

図5:北海道の旧・生活圏エリア=支庁別(道庁資料より)

図5:北海道の旧・生活圏エリア=支庁別(道庁資料より)

北海道は、道庁を本庁として、生活圏エリアごとに支庁を設けていました。道央、道南、道東、道北の生活圏にいくつかの支庁が置かれる行政施策が取られていました。

今は新たに、14の「総合振興局」または「振興局」の所管制に変わり、それぞれの局の管轄下に市町村が所属する形に変わっています。

上の2つのエリア地図は、左(図4)が現在の「総合振興局・振興局」管轄による行政エリア、右(図5)がそれ以前の支庁制に基づくエリア地図を示しています。

ただし、合併した一部の市町村の扱いを除き、各振興局の管轄エリア(所管する市町村)はそのまま引き継がれています。

3-2. 季節・自然・人・街(町)・居住環境など
魅力的なリゾート要件が整う北海道

土地面積83,424平方キロメートルを有す広大な北海道は、道央・道南などの生活圏エリアひとつだけをとっても、かなり広い面積を占めています。

そのエリアごとに、先に掲げた豊かな自然公園 (=図3参照) が存在しており、北海道全体が “一大観光・リゾート地” という環境特性を有しています。

また自然環境・風土の面では、“冬は寒い” とひとことでは括りきれない大地の広さであり、その東西南北のエリアによって、1年を通じた寒暖の差などには違いがみられます。

肥沃で広大な大地である北海道をリゾート候補地として検討する方々にとっては、季節・自然・人・街(町)・居住環境といった魅力的なリゾート要素を兼ね備えたエリアが数多く存在します。

物件選びの際には、上記の振興局ごとのエリアの魅力を発見する意味でも、各振興局ごとの情報サイトもぜひご覧ください。
(注:表組みの振興局名をクリックすると、各振興局のホームページがご覧になれます)

北海道の総合振興局・振興局別市町村一覧
●空知 (そらち) 総合振興局
所在地: 〒068-8558 北海道岩見沢市8条西5丁目
TEL: 0126-20-0200(総合案内)
夕張市 /岩見沢市 /美唄市 /芦別市 /赤平市 /三笠市 /滝川市 /砂川市 /歌志内市 /深川市 /南幌町 /奈井江町 /上砂川町 /由仁町 /長沼町 /栗山町 /月形町 /浦臼町 /新十津川町 /妹背牛町 /秩父別町 /雨竜町 /北竜町 /沼田町
●石狩 (いしかり) 振興局
所在地: 〒060-8558 北海道札幌市中央区北3条西7丁目 道庁別館
TEL: 011-231-4111(代表)
札幌市 /江別市 /千歳市 /恵庭市 /北広島市 /石狩市 /当別町 /新篠津村
●後志 (しりべし) 総合振興局
所在地: 〒044-8588 北海道虻田郡倶知安町北1条東2丁目
TEL: 0136-23-1300(総合案内)
小樽市 /島牧村 /寿都町 /黒松内町 /蘭越町 /ニセコ町 /真狩村 /留寿都村 /喜茂別町 /京極町 /倶知安町 /共和町 /岩内町 /泊村 /神恵内村 /積丹町 /古平町 /仁木町 /余市町 /赤井川村
●胆振 (いぶり) 総合振興局
所在地: 〒051-8558 北海道室蘭市海岸町1丁目4番1号 むろらん広域センタービル
TEL: 0143-24-9900(総合案内)
室蘭市 /苫小牧市 /登別市 /伊達市 /豊浦町 /壮瞥町 /白老町 /厚真町 /洞爺湖町 /安平町 /むかわ町
●日高 (ひだか) 振興局
所在地: 〒057-8558 北海道浦河郡浦河町栄丘東通56
TEL: 0146-22-9030(総合案内)
日高町 /平取町 /新冠町 /浦河町 /様似町 /えりも町 /新ひだか町
●渡島 (おしま) 総合振興局
所在地: 〒041-8558 北海道函館市美原4丁目6-16
TEL: 0138-47-9400(総合案内)
函館市 /北斗市 /松前町 /福島町 /知内町 /木古内町 /七飯町 /鹿部町 /森町 /八雲町 /長万部町
●檜山 (ひやま) 振興局
所在地: 〒043-8558 北海道檜山郡江差町字陣屋町336-3
TEL: 0139-52-6500(総合案内)
江差町 /上ノ国町 /厚沢部町 /乙部町 /奥尻町 /今金町 /せたな町
●上川 (かみかわ) 総合振興局
所在地: 〒079-8610 北海道旭川市永山6条19丁目
TEL: 0166-46-5900(総合案内)
旭川市 /士別市 /名寄市 /富良野市 /鷹栖町 /東神楽町 /当麻町 /比布町 /愛別町 /上川町 /東川町 /美瑛町 /上富良野町 /中富良野町 /南富良野町 /占冠村 /和寒町 /剣淵町 /下川町 /美深町 /音威子府村 /中川町 /幌加内町
●留萌 (るもい) 振興局
所在地: 〒077-8585 北海道留萌市住之江町2丁目1番地2
TEL: 0164-42-8404(総合案内)
留萌市 /増毛町 /小平町 /苫前町 /羽幌町 /初山別村 /遠別町 /天塩町
●宗谷 (そうや) 総合振興局
所在地: 〒097-8558 北海道稚内市末広4丁目2-27
TEL: 0162-33-2516(総合案内)
稚内市 /猿払村 /浜頓別町 /中頓別町 /枝幸町 /豊富町 /礼文町 /利尻町 /利尻富士町/幌延町
●オホーツク総合振興局
所在地: 〒093-8585 北海道網走市北7条西3丁目
TEL: 0152-41-0603(総合案内)
北見市 /網走市 /紋別市 /美幌町 /津別町 /斜里町 /清里町 /小清水町 /訓子府町 /置戸町 /佐呂間町 /遠軽町 /湧別町 /滝上町 /興部町 /西興部村 /雄武町 /大空町
●十勝 (とかち) 総合振興局
所在地: 〒080-8588 北海道帯広市東3条南3丁目
TEL: 0155-26-9005(総合案内)
帯広市 /音更町 /士幌町 /上士幌町 /鹿追町 /新得町 /清水町 /芽室町 /中札内村 /更別村 /大樹町 /広尾町 /幕別町 /池田町 /豊頃町 /本別町 /足寄町 /陸別町 /浦幌町
●釧路 (くしろ) 総合振興局
所在地: 〒085-8588 北海道釧路市浦見2丁目2番54号
TEL: 0154-43-9100(総合案内)
釧路市 /釧路町 /厚岸町 /浜中町 /標茶町 /弟子屈町 /鶴居村 /白糠町
●根室 (ねむろ) 振興局
所在地: 〒087-8588 北海道根室市常盤町3丁目28番地
TEL: 0153-24-0257(総合案内)
根室市 /別海町 /中標津町 /標津町 /羅臼町

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3768-3371 「北洋エアータウンズ株式会社」
受付時間 平日9:00 - 19:00
土曜9:00 - 17:00 [日曜・祝日除く]

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.